おもちつき会

”おもちつき”は子ども達になりに、日本の伝統文化に触れる日です。

当園ではお正月が近づく12月頃に毎年行っています。

 

先ずは「このもち米を杵でつぶすとお餅になるんだよ!」と言いながら、子ども達に炊き上がったもち米を見せます。

子ども達は目を丸くしながらもち米をじぃ〜っと見つめていました。

 

”おやじの会”のおやじ達が力を込めて杵でもち米をつぶす姿に、子ども達から「ガンバレ〜!」と熱い声援が聞こえてきました。

 

いよいよ仕上げは子ども達の出番です!

 

杵を力いっぱい振り上げる姿は子どもながらに勇ましさが感じられます。

 

おやじ達による仕上げの仕上げでお餅の完成です。

 

満足気に完成したお餅を見る姿は、一回り大きくなった(成長した)ような気がしました。

 

最後にお餅を丸めてくれている母の会のお母さん方の姿を見ながら各クラスに帰っていきます。

 

このようにおもちつき会の一連の流れの中で