運動会〜年長児の心持ち〜

  

当園の運動会がいよいよ明日に迫りました!

子ども達は明日の運動会に期待を高め、今日の一日を思い思いに過ごしました。

その中でも…年長児は「クラス対抗全員リレー」に特に期待を寄せ、前日の今日になっても最後の作戦会議に熱が入り、「誰が何番に走った方が勝てるのか…?」等の、大人顔負けの議論を交わしている姿が微笑ましかったです
楽しい

子ども達にとって、明日の勝負の「結果」はもちろん大事ですが、それ以上に当日までの「プロセス(過程)」の中で経験した様々な心の動き(自分の目標を立ててその子なりに挑戦し、意欲的に取り組んだ事や、作戦会議の中での様々な葛藤体験)が、一人ひとりの成長発達に欠かせません。

ですから、私達大人がそのような一人ひとりの「心の成長」を無視して、当日の結果だけに対して「どうして負けたの!?」「何で勝てなかった!?」「全力で頑張った!?」等の「問い」だけを投げかけるのではなく、「取り組み過程を通したその子なりの頑張り」を認めてあげることが、子ども達の豊かな心を育むことに繋がるのでは…と考えます。

そのような眼差しで、明日の運動会の子ども達の姿を目に焼き付けたいと思います
き