研修会〜講演会〜


先日、札幌市幼児教育センター主催の「講演会」があり、本園の教師と共に参加してきました。

「質の高い幼児期の学校教育の実践に向けて〜保育の質を考える〜」をテーマに、國學院大學 教授の 神長 美津子 先生の講演を聞き、改めて幼児教育の大切さを感じる機会となりました。

その中でも、幼児期の教育は「見えない教育」と表現しており、小学校以降のような教科教育とは異なり、幼児一人一人が自己発揮し、その子の良さや可能性が拓かれていくことが「幼児期の学校教育」として目指すべきことだと、改めて考えさせられました。

今後もこのような研修会に可能な限り参加し、子ども達の為に「質の高い幼児教育」を目指して、日々学び続けていきたいと思います。