この時期の様子〜子どもの姿「遊び」〜



 園庭での戸外遊びを見ていると、子ども達は思い思いに自分の好きな遊びを見つけて楽しんでおり、一人ひとり異なる様々な姿(遊びこむ姿)を見ることができ、微笑ましい気持ちになります。


何でも新鮮で興味、関心があり、自分の遊びたい遊びを見つけて喜んでいる3歳児。(年少)

友達や先生と一緒に遊ぶこと自体が喜びで、遊びの幅が広がり始めている4歳児。(年中)

遊びたい内容を自分で選択し、その遊びを友達と共有しながらやりとりを楽しんでいる5歳児。(年長)


この時期の遊びの様子を学年で分類すると、おおよそこのような「姿」だと思います。

あくまで発達段階を踏まえた姿ですので、特に新入園児は月齢や経験等による個人差もあり様々です。
その「様々な姿」をありのままに
「受け止める」ことが幼児教育であり、皆が同じでなくていいのです。一人ひとりの成長を温かく、そして意図的に「見守り」、子ども達の「主体的な遊び」が展開される環境を日々整えていくことが大切だと思います。